《鬱・パニック改善への道》入院生活ってどんなの?現在とこれからの事を考える。

こんにちは!ねずみです🐭

2017年7月21日に人生初の入院(心療内科)をし、現在14日目です。

今回の記事では、入院して『感じた事』『気づいた事』『1日の流れ』『これからの事』等を中心に、私の過去や性格を加味しながら、徒然なるままに綴っていこうと思います!!

時系列や読み辛い部分があるかもしれませんが、良ければどうぞ最後まで読んで下さい。

宜しくお願いしますm(_ _)m

 

過去に入院時の記事を掲載しておりますので、もし宜しければそちらの記事も読んで頂けると幸いです。

⬇︎  ⬇︎

《鬱・パニック改善への道》心療内科やクリニックから病院へ


《退院の目処がつきました》

一応、退院予定が8月16,17日のどちらかに決まったので、ホットしています!!

夏だけにホーーーット🔥ww

でも退院したらやる事山積みでーす(>_<)

と、おふざけはこのぐらいにして、ここから真面目に記事を書いて行きますね…(^_^;)


《入院生活って実際どうよ?》

病院の雰囲気や1日の流れにはスグに慣れる事ができ、院内におられる色んな患者さん達とも仲良くさせて頂いております。

中には、あまり関わらない方がいいなと思える方もおられますが…平穏な日々を送らせて頂いています。

【病院での1日の流れ】

●7:40頃/朝食

その前には起床する様にしていますが、大体7:00かその前に目が覚めますね。

起きれない日もありますが、食前薬を飲む為に起こされます💦

 

●8:30過ぎ/ラジオ体操の音楽が流れ出します。

強制ではないですが、久々にやってみると良いものでした!血流が良くなり、1日の動きが変わる様な気がします。

 

●8:40〜9:30/バイタルチェック

看護師さんがやってきて、部屋で体温と血圧測定をしたり、前日の大便・小便の回数を聞いたり、眠りについて聞いたり、何か変わりがないか1人ずつチェックしていかれます。

 

●9:30〜自由時間

私の場合、バイタルチェック後から昼食までは自由なので、天気が良ければお散歩へ。

 

●11:40頃/昼食

食前薬を飲み昼食を食べ、食後にも薬を飲んでいます。

 

●昼食後〜自由時間

16:30までは外出OKなので、少しは遠出したり、ランニングする時はこの時間を活用。

 

●17:40頃/夕食

食前薬を飲み夕食を食べ、食後にも薬を飲んでいます。

 

●夕食後〜自由時間

洗濯や着替えをしています。

 

●22:00/消灯

私は寝る前21:30に夜の薬を飲んでいます。それでも眠くならなければ、追加の安定剤を貰えます。

 

[補足]

◉薬はもちろん患者により様々。食前薬や食後薬の有無が異なる。

※薬を飲む時は看護師の見ている前で飲みます。しっかり時間通りに飲む為。(病院によって異なるのかはわかりません)

◉ご飯の量も患者により変わる様です。

◉院内でのルールは色々ありますが、基本的には自由で規則正しい生活リズムを養う事がベースなのかな?と思います。

※もちろん入院中の治療内容は患者によって変わるので、あくまで私の例です。

 

長年営業の仕事をしていたので、他人との損得勘定なしでの人付き合いがとにかく新鮮に思えました(^_^;)

 

後に仕事の事にも少し触れますが、営業職はやって本当に良かったと感じています!

自己管理がもっとしっかり出来ていれば、まだまだ頑張れたかもしれない。

家計を苦しませずに、転職や別な道を歩めたかもしれない。

そう感じる事もまぁまぁありますが(^_^;)

 

私は4人部屋なのですが、同じルームの方々が良い方だったのでとても救われました。

歳は自分より年齢は上ですが、とても親しみやすくLINE交換もしました♪

新しい人との出会いは、仕事の時もそうでしたが好きです!

過去や病気の話よりも、趣味趣向を話せたり、何気ない日常会話が新鮮でとても心地よかった。

人生初の入院、しかもそれが心療内科…最初はとても不安でしたが、今は「入院して良かった」そう感じています!!


《現在の状況・状態》

自由時間は、近くの海に散歩やランニングをしに行ったり、近くの山を登山しながらニコ生で配信したり、たまにブログをこうして更新したり、少しずつですが元気でアクティブに動ける様になっている状況です!!

状態としては、時々不安の波が押し寄せて来る時もありますが、ネット上の繋がり、院内にいる方とのやりとりのお陰で、家に独りでいるよりは心が落ち着いています

家に独りというのは、家族が家にいない間の時間や夜に家族が寝静まった後の時間です。

 

家では、現実から逃避したいのと身体がいう事をきいてくれないので、ほぼ寝たきり状態だった…。

自分はただの甘えで、やる気のない無価値な人間だと思い、死にたい、消えてしまいたいとの気持ちが膨らんでいきました。

そして、子供や家族に心配や辛い思いを沢山させた来たんだ。

今、こうして心穏やかに過ごす事で、色んな想いが溢れ出しています。


《SNSに助られた》

もちろん身内や家族にも、入院前・入院中たくさん助けられました。

情けないですが、今でも助けなしでは生きていけない現状です。

家族や身内に心から感謝しています。

 

入院中はSNSがある事が自分の救いになりました。

ブログをしていたからかもしれません。

「ネット依存症かよ!」って感じに思われるかもしれませんが…ww

 

『自分の事を気にかけてくれている方々が、目には見えなくても世の中にはいるんだ』

『独りじゃないんだ』

『同じ様な苦しみや、それぞれに色んな辛い過去があったりした。でもそれを乗り越えて今を生きている方が大勢いるんだ』

 

この様に感じた事が、良い事なのか悪い事なのか分かりません。

ネットに依存する様に、ネット上の繋がりに依存しているだけなのかもしれません。

ですが、私は助けられたし、支えられていると強く感じました。

だから、本当は直接お会いしてお礼を申し上げたいのですが、いかんせんこの状況なので、この場を使って感謝申し上げます。

 

励ましやアドバイス、優しい言葉を掛けて下さった方、本当にありがとうございます。


《独りで悩まず相談へ》

病状によっては、入る部屋や制限される事も変わってくるので、あくまで私の病状での入院生活で感じた事や経験を書くので、ご参考程度にして頂けると幸いです。

タイトル通り、病名は『鬱とパニック障害』です。

おそらく、精神障害者手帳を申請して3級くらいかな?と自分では感じています…。

しかし!!

自己判断は非常に危険です!もし精神的に苦しんでおられる方、精神障害者手帳申請を検討されておられる方は、掛かりつけの医師や自治体にまずは相談して下さいね。

まともな状態ではない自己判断はNG。

役所等の公的機関で相談するだけでも、心が楽になりますし、道が少し開けます。

身内や家族、信頼できる友人等に相談出来れば、それもいいです。

独りで抱え込むのは本当に辛いし、なかなか打開策を見出せません…


《入院する病院の選び方》

入院を前提にした病院の選び方です。

私の場合は、身内が福岡市西区の今宿病院に入院・通院していたので、その方に相談し、思い切って2年通院したクリニックから転院を決意。(その前にも別のクリニックへ掛かっていた事もあります)

その時既に、入院する覚悟もありました。

 

今宿病院で初診では、10日間自宅で様子を見て、その後1ヶ月入院する予定でした。

がしかし、突然襲った猛烈な鬱状態から眠剤を多量摂取してしまい…予定より早く入院。

あまりその時の記憶がないのですが、家族や身内が助けてくれ、病院へ行く事が出来たので本当に感謝しています。

 

【私の考える病院の選び方】

これからお話する内容は、入院した結果思えた事です。

入院しない事には気づけませんでしたし、おそらく考えようともしませんでした。

病院の選び方は、その人それぞれの病状や性格、生活環境等に左右されると思いますが、私の経験に基づいた病院の選び方を少しご紹介させて下さい。

なので、参考程度に読み進めて頂ければ幸いです。

病院選びにおいて、病院内のサポートや医師の診断方法も重要だと思いますが、個人的には病院の位置する環境がとても重要だと感じました。

●近くにどんなお店や施設がある?

●自分の好きな場所、自分の趣味趣向に関係のある場所がある?

●郊外?街中?都市部?

口コミや知人、掛かりつけ医からの紹介等が無ければ、実際入院するまではそこがどんな病院なのか情報を得る事は難しいです。

もしも私の様に『外出をする意欲が少しでもある』方や『外に出られる状態である』方は、まずは病院周辺の環境を考慮すると良いかもしれません。

私は、病院が海の近くで良かったと、つくづく感じでいます。

素潜りをする程海が大好きなので、病院から徒歩15分程度で海に行けるのは本当によかった!!おかげでこんがり身体が焼けました(>_<)

『太陽の光は元気をくれる』

『海に行くだけで心が癒される』

『綺麗な景色を見ると心が和む』

『自然や生き物との触れ合いが好き』

『その町をぶらぶら探索するのが楽しい』

『街中ではなく田舎なので、平穏な雰囲気』

とまぁ結局の所、私は自然や生き物が元々好きなんです(*´ω`*)♪

夏の休日は、素潜りや田舎に行く事で気持ちをリフレッシュ出来ていたと思いますが、去年の夏は素潜りに行ったのは1回だけ。

前年も前々年に比べれば、海に行く頻度はかなり低くなっていました。

子供と遊んでやる事も出来ず、ここ1年は休みの日は寝てばかり…。

趣味さえやる気の起きない状態でした。


《仕事のせいにしたくない》

仕事の事を振り返ってみます。

営業をされている方には、特に読んで頂きたいですが、タイトルや記事の趣旨と反するので、ここは読み飛ばして頂いても結構です。

 

営業をしていた頃は、ほぼ福岡の都心部で仕事をしておりました。

 

土日祝が休みでしたが、24時間休みの日でさえお客さんから電話が来たり、時には仕事に出ないと行けない日もあったり「心から休みだーー!!」と思えた事は、今こうして振り返ると8年間で1度も無かった。

でも、具合が悪くなるまでは、それを苦に思った事はあまり有りませんでした。

寧ろそれが私の武器!だったので。

 

お客さんにはいつも『私は全然構いませんので、24時間いつでも電話してもらって大丈夫です!』と言っていました。

広告業界なので、GW・盆・正月休みは世間の1番長い休み期間でした。

そんな時も、『○日〜○日までは休みですけど、何かあれば気兼ねなくいつでも電話して下さい!』

これが私の営業スタンスの一部でした。

 

同業他社や直販の営業にはない、個人事業主である私の強みだ!!と思って武器にしていたのです。

 

22歳からその仕事を始め、ずっとその会社の稼ぎ頭として突っ走ってきた。

完全歩合制、やればやっただけ稼げる!それが、私のワークスタイルに合っていたのは確かです。

 

でも、自分がやらなければ会社が潰れる(業務委託だがそれは自分も困る)、それに社長からは営業を教えてくれた恩義もあるし、二人で頑張って辛い時期を乗り越えた事もある。

そして、辞めて行った多くの仲間が残してくれた財産を俺が大切にして行かなければ!

そう常に思っていたので、売上は右肩上がりで、沢山のお客さんにも頼りにされていたと自負しています。

 

仕事のメリハリは自分で管理出来ていたと感じていましたが、きっと知らず知らずに無理をしていたのかもしれません。

本当に仕事が好きだった。

でも続ける事が出来なくなっていた。

そしてついに、会社の仲間や沢山のお客さんを裏切る形になってしまった…。

辞めた後は少し解放された気持ちになりましたが、その気持ちは一瞬で消えました。

そして、失った物の大きさに気付き心に大きな大きな穴が空きました…。


《これからの事を考える》

少し重い内容かもしれません。

正直ここまで記事を綴ってきて、間違った事をしているのではないかとも感じています。

でも、もし誰かがこの記事を見て、何かを感じ、生き方をいい方向に向けられるきっかけになるかもしれない。

…私のエゴや承認欲求的な思考なのかもしれませんが、最期はこれからの自分を見つめ直す形でこの記事を締めくくろうと思います。

 

《自分を変えたい》

前向きにこれからの事を考えてはいるけれど、自分の過去犯した罪の重さを考え、もっともっと反省しなければならないと思っています。

悪い事をしたと、心の底から思える様にならなければいけません。

自分には、罪を罪として感じる力が欠落しているのではないかと思います…。

 

苦しい時期を支えてくれた元奥さんを傷つけ苦労・心労をかけ続けた事、子供達にこれから寂しい想いをさせてしまう事。

頭では分かっていても、心からそう思えなかった結果なのだと思います。

 

これから自分に出来る事、出来る様にならなければいけない事、変わらなければいけない部分が沢山あると思います。

今は、目の前の事を1つ1つ整理して行くことしかできませんが、いずれ上述した事を遂行出来る様になり『寛解→社会復帰』を目指す事を考えています。

 

ただ、退院後の生活や別々に暮らす事になった子供達の事を想うと、時々不安や寂しさがやって来ます。

病気じゃなくても、世の中色んな人が色んな事を背負いながら生きているので、それは当たり前にある不安なのかもしれません。

誰にも不安な気持ちはあると思います。

 

なので、『考えるけど深く考え過ぎない』様にしています。

それが簡単に出来ればいいけれど、今は正直難しいと思ってしまうのが本音ですが。

でも、心のどこかにその気持ちを持って置こうと思います。

 

あと1週間程で退院です。

 

退院後は色々とやらなければならない事も多いですが、自立に向けて焦らずひとつひとつ整理し『前向きに今を生きる』その様に考えています。

寛解もしていない病人の記事で、矛盾していたり、支離滅裂な事が書かれていたかもしれませんが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございます。


《オマケ PART.1》

20年前、KinKi Kidsのお二人が主演のドラマ『未満都市(ミマンシティ)』の挿入歌を歌ってみました。

「風のない街」という曲です。

有名な話かもしれませんが、堂本剛さんもパニック障害を経験された方で、音楽に救われたと仰られています。

私も幼少から音楽には大変救われてきた人間の1人で、とにかく歌ったりギターを弾く事で辛い事から耐えていたのかもしれません。

下手くそですが、良かったら聴いて下さい。

「未満=未成年」というワードが、物語の軸になっているのですが、現在の自分の心にも響いたので歌ってみました。

今月三十路なんですけどねwww


《オマケ PART.2》

世界中の方と一緒に歌えるアプリを使って、バックストリート・ボーイズの曲を海で熱唱しました!!

曲は“I Want It That Way”

自分で歌って、youtubeに上げてから何回も自分で聴いてますwww

結構洋楽上手くなってきたんじゃね?なんて自分に酔ってますw

良かったらこちらも聴いてみて下さい!

●Lobiチャットルームへのご参加もお待ちしております♪→ここをクリックで参加

友だち追加

⬆︎LINE@より最新ブログ更新情報をお届け

個人的なLINEの友達登録もだいかんげい!

→ID sononezumi


AppStore課金やiTunesの利用で
ポイント貯まる!!
お小遣いサイト『PointIncome』

⬆️微課金盟主奮闘記は
ロリポップレンタルサーバーで運営しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

⬆︎アフィリエイトビギナーでも稼げる、高単価広告多数
⬆︎三国志ゲームが好きな方もそうでない方にも!
⬆︎またまだ新作!!
About sononezumi 194 Articles
1987年8月21日 生まれの30代!!福岡生まれ福岡育ち、いずれ日本や世界を旅したいと考えている、ゲームと自然を愛するおっさ...お兄さんです。

Be the first to comment

コメントをする